RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Bloom
Bloom (JUGEMレビュー »)
八神 蓮, ハービー山口
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

おえかき上達への道R1

おえかき、映画、はまり話題(よくかわる)色々です。最近は斎藤工、八神蓮、磯貝龍虎、スターウォーズ、ユアンマクレガー、コリンファレル、アレキサンダー大王などなど。
「夜間飛行」まんがで読破
0
    夜間飛行 (まんがで読破)
    夜間飛行 (まんがで読破)

    星の王子様の作者でもあるこの作品の作者はサンテグジュペリ。
    醜いけど美しいあの美しさを手に入れたいかも。

    文字で読みたくなりました。

    読み終わってから、カバーに書いてあるサンテグジュペリの
    プロフィールを読んで、撃たれたって感じ(@_@)
    これから読む方でサンテグジュペリの人となり?を
    知らない方は本編→プロフィールの順番をおすすめします。
    | [read] | 21:00 | comments(0) | - | - | - |
    「ビューティオールマイティ」
    0
      ビューティオールマイティ (STAR★MAKING SERIES)
      ビューティオールマイティ (STAR★MAKING SERIES)

      夏にかけて身体作り!ってあんまりしたことなかったけど、
      リンパマッサージとかやってみたかったので、
      とりあえず2週間毎日続ける事にしました!
      32〜45ページを一日1セットです。
      フェイシャルケアのリンパドレナージュもやりたいけど、
      ちょっと時間ない(@_@)
      とりあえずちょっとでも引き締めてきましょー
      ってこんなことブログに書いたの初めてだ(笑)

      気付かなかったけど発売元スターダストでした。
      プロデュースは河原れんさん。
      そうか〜いい名前だ〜。頑張ろう。
      | [read] | 22:42 | comments(0) | - | - | - |
      「yaso*ヴァンパイア」倉田淳さんインタビュー。岩崎大
      0
        yaso―特集#ヴァンパイア
        yaso―特集#ヴァンパイアヴァンパイア特集の本。
        小島文美さんの絵やインタビューウィズヴァンパイア記事目当てで買った本ですが、ぱらぱら見直したら岩崎さんのドラキュラの写真が(@_@)
        スタジオライフの倉田淳さんのインタビューがたっぷり載っていました。
        カラー7ページ。それにも収まらなかった全文がなんとサイトにアップされています!!
        2minus
        夜想 yaso & parabolica-bis
        | [read] | 00:35 | comments(0) | - | - | - |
        「変身 (まんがで読破)」感想
        0
          変身 (まんがで読破)変身 (まんがで読破)

          カフカ著

          しまった(@_@)
          うっかりこの作品の主旨を受け取り損なった(@_@)
          私にとってこの作品の視覚化は無理でした(@_@)
          気付かないようにしていたけど、やっぱり気持ち悪いよ(@_@)

          ある朝目覚めたら虫になってたという・・・
          そんなザムザはどんな人柄だったのかとか知らなかったので、
          中盤の変身前までは冷静に興味深く読めてました。
          しかし中盤虫になっちゃってからの絵とか、
          平静を保ってそうに見えるけどどっか歪みはじめてくる妹とか、
          視覚、感覚的に寒気が(@_@)

          でも最後胡蝶の夢と結びついたこと、
          そして普通であることも一つの奇跡と言うこと、
          その辺の主題テイストを文字で(笑)味わえました。
          作品全体を通して身にしみて訴えかけられたのではなく、
          字面に感動。

          文字で読んでも厳しいかな・・・(@_@)

          (@_@)顔文字多すぎ(@_@)

          | [read] | 01:31 | comments(2) | - | - | - |
          「赤と黒 (まんがで読破)」感想
          0
            赤と黒 (まんがで読破)
            赤と黒 (まんがで読破)

            ユアンマクレガーがジュリアンソレルを演じた映像作品を観ました。
            このマンガではソレルはもっと若い感じです。
            かつてユアン作品と間違えて購入した白黒の映像でのソレルは目がギラギラしてて雰囲気出てました。ユアンはやや優しげだったのでマンガはその中間くらいでしょうか。

            野心を持って愛を得たはずが、純粋に喜びを感じちゃってるところとか、
            最後の愛の形とか案外ハッとさせられました。
            面白かったです。

            いつか原作を・・笑
            | [read] | 10:25 | comments(0) | - | - | - |
            「人間失格」太宰治 感想?
            0
              人間失格 (集英社文庫)
              人間失格 (集英社文庫)(そういえば表紙がデスノートのライトみたいになりましたねー。中の字も読みやすくなってる気がします。なんといっても270円って安価がいい)

              以前読み始めて、暗すぎて一日くらいで一気に読めればいいんだけど、
              読むの早くないから日数かかっちゃってしまいには気が滅入って来ちゃって結局読破できなかった一冊。

              でも最近まんがで読破シリーズで、まんがで読んだらおもしろく、これはしっかり原文も味あわないとと思いました。

              思考のうずで自分の世界フィルタに非常に大きな厚い暗雲のなかにいた葉ちゃんが最後はすっかり解き放たれちゃって(笑)皮膚と内蔵裏が選っちゃってぜんぶリバーシブルな爽快感でした。内蔵出ちゃってるのに(^-^)

              と迷走したくなるくらいにおもしろいラストでした。「うふふ」に、にやにやしちゃいました。ラスト数ページは電車の中で一人とか危険です。ツボはいると笑いが自然に出ちゃって危険です。


              読破できて良かった。妙に共感できたりしちゃう部分や遠く離れて見守りモードはいる部分、いろいろ味わえました。まんがでの堀木がえだまめだかそら豆だか取りに行ったときに見つけた出来事を受けての葉ちゃんの受け取り方が誇張されすぎてちょっと原文とはニュアンス違うかなって感じました。まあ、まんがではあのシーンものすごーい山場ですからね。。画で表現できるだけに(@_@)あの部分のまんがはほんと怖かった・・・


              人間失格 (まんがで読破)
              人間失格 (まんがで読破)


              人間とはトラかコメだったか。コメだっけ?トラ自体はコメ?また気分が落ち込んだときに読み返そう。そう、落ち込んだときこそですよ。ただし途中でやめると後味が悪いです。。。

              いや、まてよ・・これって結構行間が想像以上に怖い。
              行間の底は想像を絶する気がする。
              うっかりその行間の深さに意識を持っていったら、
              墜ちるかもしれないので、注意が必要かも・・
              | [read] | 01:26 | comments(0) | - | - | - |
              「テラビシアにかける橋」小説感想。
              0
                テラビシアにかける橋 (偕成社文庫 3264)
                テラビシアにかける橋 (偕成社文庫 3264)
                映画の衝撃が強すぎた(@_@)
                多分原作先に読んだ人はやはり原作の衝撃が強く残るんじゃないかと思う。

                ジェシーの心理描写は、悲しいとか、辛いとか、
                そのままの言葉での表現ではもちろんなく、
                一見無表情な行動からふと感じる感情や感覚に思わず目が潤ってくる。

                原作での最後の教室のシーンのジェシーの気付きによる感情の揺さぶりや、
                映画では事故後、レスリーの家に行った時の父親への告白、
                (というほどでもないが)誘えば良かったんだって、
                自責の念につぶされそうになるジェシーの感情。
                悲しみにも純粋なだけじゃなくて、様々な色があって、
                ちょっと苦みもあって、
                それに気づいちゃったとき更に揺さぶられちゃう感じで(>_<)

                この作品のファンタジー描写は現実から逃げるための手段で表現されているわけではない。
                だから地に足がしっかり着いた気分で映画館出れたんだなと、見終わった直後の気分を思い出した。

                最後の数十ページは家で読むべきだったなー
                会社帰りの電車で読んでたらうっかりウルウルでしたよ(@_@)


                | [read] | 01:38 | comments(0) | - | - | - |
                「モモ」感想
                0
                  モモ (岩波少年文庫(127))
                  モモ (岩波少年文庫(127))
                  (ミヒャエル・エンデ著)

                  ネバーエンディングストーリー→はてしない物語と同じ作者。
                  読んでる人は読んでるだろうけど、私は読むタイミングを逸しちゃってました。
                  最近尊敬俳優(笑)斎藤工さんがお勧めしてたので、読んでみる事にしました。

                  文字に書かれたものをイメージしながら読むととても楽しい作品。
                  だから時間の余裕がないときに読まないほうが・・って思ったけど、
                  余裕がないときこそ読んでみると気持ちが改まるかも。

                  読み終わったあと、モモたちのように自分にも時間が戻ってくるかどうかはわかりませんが・・
                  ちなみに私は戻ってこなくて夢から醒めて、ああ、夢だったか・みたいな状態になっちゃいましたが。。
                  もう一回読むかー笑
                  | [read] | 16:38 | comments(2) | - | - | - |
                  「戦争と平和(まんがで読破)」感想
                  0
                    戦争と平和 (まんがで読破)
                    戦争と平和 (まんがで読破)
                    (トルストイ著)

                    マンガの絵はカラマーゾフと一緒ですごい面白い。
                    各人の個性が際立ってるし、ドラマ性が高く先が気になってどんどん読めます。
                    ちょっと北斗のけんみたいなタッチになってたけど。。笑

                    命乞いをしたアンドレイに対して、ナポレオンがこいつはもう死んでいるからといって見逃したシーン。
                    がっかりして捕虜にする気も起きなかったのか、
                    生きたいというエネルギーを感じて共感したからか、
                    ただ憐れに思ったのか、何だったのかな。
                    ちょっとそこだけ気になったので小説の該当箇所だけ読んでみたくなりました。

                    風邪ひいたナポレオンさんの画こわすぎ・・

                    完全な自由もないけど、完全な不自由もない。
                    ってこの言葉に心打たれました。。

                    | [read] | 16:28 | comments(0) | - | - | - |
                    「斜陽 (まんがで読破)」感想
                    0
                      斜陽 (まんがで読破)
                      斜陽 (まんがで読破)
                      (太宰治著)

                      なんというか、こう・・
                      特に来るものがなかったです。
                      思う事もなかったです。
                      主人公のかず子さんの気持ちがわからず、
                      お母さんの人物像も定まらない。
                      小説だとまた違うのかな。
                      まあ、人間失格をどうしても途中で、
                      投げ出しちゃった私にはこれは多分読破は難しい・・

                      マンガの人間失格は面白かったので、
                      改めて今度挑戦したいと思います。
                      | [read] | 23:18 | comments(0) | - | - | - |