RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Bloom
Bloom (JUGEMレビュー »)
八神 蓮, ハービー山口
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

おえかき上達への道R1

おえかき、映画、はまり話題(よくかわる)色々です。最近は斎藤工、八神蓮、磯貝龍虎、スターウォーズ、ユアンマクレガー、コリンファレル、アレキサンダー大王などなど。
舞台「殺し屋シュウ 〜シュート・ミー〜」感想(9/9,11)
0
    博品館劇場

    行ったのは9月9日(水)と11日(金)の二日間。
    11日の入りがすごかった。
    最後は(全員ではないけど)スタンディングオベーション。
    主役の井坂俊哉さんがかなり感動している雰囲気が感じられました。
    (そんな井坂さんばっかり見ちゃって他の方見れなかった・笑)

    終演後も井坂さんロビーに出てきて深く礼を繰り返してました。
    丸山さんも出てきてたな。

    殺し屋シュウを雇った依頼者と、
    ターゲットが同じという意外性のあるストーリーと、
    絡み合う人間模様。これまたシリアス。かなりシリアスです。
    息抜きというか笑いを提供してくれたのが、
    スタジオライフの荒木健太朗さん。
    シーンが基本シリアスなのと、誰もツッコミがいないのとで、
    大爆笑とかは起きないし、大変だったと思うんですが、
    ペース崩れることなく、確実に面白かった。すごいです!
    (毎日通った方に聞いたところ日に日にエスカレートしていったようです・笑)

    shelaの演技結構好きかも。
    最後のシュウへの言葉(録ったやつだけど)には泣けた。
    話してた内容もだけど声色、声の抑揚に泣けました。

    殺し屋シュウの幼なじみ(?)役の滝口幸広さん。
    喫茶店(orバー)でのウェイターとのやりとりは最高でした。
    (ここも数少ない笑いのシーンでした)
    滝口の演技って要所要所泣けるんですよね。
    シュウが悪いことから足を洗えたという報告の後の深い安堵の演技。
    あとどこだったかな。笑。滝口の舞台は今後も最低1回は見に行こうと思います。

    脚本演出はTHE☆どツボの中津留章仁さん。
    どツボの千秋楽の挨拶の時、舞台に上がってくれましたが、
    かなり大きい方だったよなーという記憶が甦りました(笑)
    まだ2作品しか観たことないけど、
    どちらも人の複雑な気持ちの描写が丁寧だなって思いました。
    クライマックスで確実に心掴んで来ます。
    気持ちが伝わってくると、観終わった後にしっかり残るんですよねー。
    +。:..:。+゜いい作品でした+。:..:。+゜

    ただ一つだけ。。もっと丸山さんの演技が見たかったー(>_<)

    | 舞台・ミュージカル鑑賞 | 16:53 | comments(0) | - | - | - |
    ミュージカル「ROCK'N JAM MUSICAL」感想(9/8)
    0
      前日沖縄から帰って、寝不足続きのまま会社に行き、
      そのあとで行った舞台にも関わらず!
      眠くもならず楽しめた舞台でした。

      ミュージカル、そして最後はスタンディングでライブ状態。
      オープニングの寺田さんの歌のかっこよさとか放心でした。
      ものすごいかっこいい女性です。

      kimeruさんの歌たくさん聴けました。
      pipinの曲も歌ってくれました。
      あの曲好きなので感動しちゃった。
      大ちゃんソロのとき下手の陰でときめいてるkimeru様(笑)
      kimeruさま、バブル時の具体的なすごさを一つ紹介してくれました。
      郵便貯金倍になっちゃったりしてたんだって!?すごいです。。

      個性的な永山さんうっかり視界に入れちゃったが最後、
      一段落するまで全然目が離せないですから(@_@)
      この人の人をひきつける力は尋常じゃ無い。。
      歌い方にあまりに湧く客席に、「そんなに面白い?」と
      地声含めつつ歌い続けたり、アドリブ的なことも自然。
      この方の他の舞台観ていこうと決めました。

      ヒッピーになった女の子がソロ取った歌、
      女の子の声の伸びに吸い込まれそうだった。
      (→「ヘアー」の「アクエリアス」)

      大ちゃんのふくよかキャッツ。
      あれなんですかーーー!!
      手拍子とかできないほど見入っちゃった。
      身体のラインでまくりです。
      わきばらとか背中とかモモとか迫力ありましたよ。
      キャッツのまま客席降りてお客さんに覆いかぶさってました。
      大ちゃん素敵!

      休憩挟んで後半客席一体になって盛り上がりました。
      ダンスと歌で過去からの時代の流れに乗り、
      未来に向けての解放感たっぷりの突き抜けた舞台でした。
      楽しかったです。

      物販のキーホルダーがかわいくて、
      買いたくなっちゃいました。
      しかし1800円。踏みとどまりました。
      | 舞台・ミュージカル鑑賞 | 14:57 | comments(0) | - | - | - |
      舞台「リプレイス」感想
      0

        30デラックスの舞台。
        今回はミュージカル(^m^)

        オンオフMIX(//∀//)

        王子と乞食をベースにした現代劇。
        本物の双子をこのテーマでって最高じゃないですか。
        今回の企画を思いついた方、思い立った瞬間大満足だったんじゃないですかね(笑)

        オープニングは豪華な歌とダンス。
        本編とはまた違った衣装がたまりません。
        この時のアキシンさんがかっこよすぎて見惚れました。

        一番私が好きだなって思った演出。
        それは2人が服を入れ替えるシーン。
        「王子と乞食」らしさが粋な感じで表現されていました。

        私は乞食役のカズヤが好きで観てたんですが、
        ナオヤの役処がかなり魅力的で、かなり重要な役をこなしてて、
        もはやどっちが好きとかどっかいっちゃっいました。

        一番意外だったのはアキシンさんの魅力。
        テニミュオシタリでは注目出来なかったんですが、
        今回の役は目が離せません!
        オープニングの衣装でのダンスも素晴らしいし、
        本編真っ白なスーツに焼けた肌ですよ。
        登場からうさんくささ漂いまくってましたが、
        予想を裏切らない個性派っぷり。
        最高です。


        ジブリ、エヴァオマージュあり。
        っていうかコント?腹筋壊れるかと思いました(笑)
        身体しか使ってないのにあれほど伝わるんだなって感心しちゃいました(笑)

        30デラックスの魅力の一つでもある迫力ある殺陣もしっかり見られます。
        婚約者の方がハッとするくらい歌がうまくてグッと引き込まれました。
        オンオフの二人ももちろん歌うし、お腹いっぱい楽しめます。

        クライマックスでは二つの本番が同時進行。
        目が二つじゃ足りないです。

        ファンタジーの非現実性がフワッとした感じが入り込み(オープニングの余韻とストーリーテラーの存在)、
        現代のリアルさが絡み合い、
        更に劇中劇(ハムレット)の方も面白いストーリーになって絡みます。
        オフィーリアが闘うんです。
        強いんです!

        楽しみ方がたくさんあるこの作品、必見だと思います!

        画像は恒例の舞台前の30デラックスの二人の挨拶っていうか注意事項。
        携帯の電源を切ってください、の前にまず電源入れさせてカメラ起動してくださいって促されるんです(笑)
        開演10分前には席についたほうがいいです(笑)


        | 舞台・ミュージカル鑑賞 | 19:46 | comments(0) | - | - | - |
        舞台「サダオのサダメ」感想
        0
          舞台「サダオのサダメ」

          池袋シアターグリーン。
          何で行くたびに迷うのか意味がわかりませんが、
          たまにまっすぐ行けると駅から7分くらいの劇場です。
          今日は15分はかかりましたね。
          シアターグリーンの建物って劇場たくさんあるのかな。
          今日は初めて入ったとこで、最前列が舞台より低くて大変そう。
          列ごとの段差が高くて前のめりされたって何の影響もなさそう。

          出演:
          曽世海司
          平野勲人
          萩野崇
          岩永洋昭
          永岡卓也
          宮原将護
          渡邉秀夫


          今日、初日だったようです。
          終わりの挨拶で曽世さんが言ってて、おお、って思いました。

          ものすごい楽しめました。
          今日は夏バテで朝から身体が重くて体調悪かったんですが、
          観てるうちにどんどん晴れてきて観終わったらすっきり。
          心も身体も浄化された気がしました。

          出演者7人それぞれ演技が細かくて気が利いてて、
          一人一人ずっと通して見てても飽きなさそう。
          セリフ噛んだりとかしてたんですけど(笑)
          それがまた逆に味になってた気がします。
          爆発的に面白かったのがサダオの弟。

          今回見るきっかけになったのはスタジオライフの
          曽世さんが出てたっていうのもありますが、
          体感季節で腹筋筋肉痛になるかと思うほど笑っちゃった、
          平野さんが出てたのが決め手。
          今回は爆発するような笑いはなかったけど、
          じわじわ、裏から笑っちゃうような笑い満載。

          岩永さんはタイトル似てて時々混ざる「ソラオの世界」や
          「バタフライエフェクト」で観た方でした。
          この方も面白い。ちょっとはにかんでる感じがたまに見れて、
          そうかと思ったら腰引け目に面白い笑いを生んだり。

          永岡くんイケメンだなあって思いました。
          バーのマスターでした。妙に人分析が鋭い。
          らしいキャラでした。

          久しぶりにアンケート書いちゃいました。
          アンケートの感想って書いてると伝えたかったものとは、
          違った流れになっちゃうんですよね。
          逆にごめんみたいな。
          まあこの感想もあんまりだなあ。
          短くてパキッとした感想が書きたいものです。
          まあいいや。
          とにかくお勧め。
          笑いあり感動あり。
          深刻すぎず疲れない。
          ここ感動するとこ、
          ここ真面目に見るとこ、
          とか努力しないでも素直に感じられる舞台でした。笑

          終わり方、一旦全員はけてくれた方が良かったかな。
          いや、わからないけど、暗転して一瞬あれ、終わり?
          のあとに客電ついて俳優さんたち素に戻ってて、
          終わったんだなって思って。
          もっと何か。。わからないですけど。汗

          舞台の合間に演奏があって、
          なんと永岡君ギター弾いてました。
          ピアノきれいだったなあ。
          平野さんのパーカッションも心地よかった。
          まさかあれ叩くやつだとは!
          →舞台中ずっと椅子みたいに置いてあったから。笑
          時間があったらまた行きたいかも。

          | 舞台・ミュージカル鑑賞 | 01:53 | comments(0) | - | - | - |
          「LILIES」SOURCEチーム
          0

            最寄駅新宿三丁目B7出口から紀伊国屋書店入って4階まであがったところの「紀伊國屋ホール」(私はいつも2階まで階段あがってあとはエスカレーターです。)

            物販買わないつもりだったのにスタジオライフの物販いつも凝ってます。
            写真のストラップが水色(アクアマリン)、ピンク、クリスタルだったかの3色1200円勢いで買ってしまいました。

            他にもいろいろ素敵グッズ満載でしたよ。

            dvdでは観てたけど生は今回初めて。
            青木さんのビロドーが非常に観たくなりました。

            …あと感想書けたら書きたすかも


            | 舞台・ミュージカル鑑賞 | 01:56 | comments(0) | - | - | - |
            「リプレイス」30-DELUX on/off mix
            0
              間違えたーー!
              名古屋まで思い切って予約したけどこれって平日でした。
              東京公演は立海の広島公演とかぶるんですよね。(行くんだ…)
              いろいろかぶって難しいです。
              どれが一番観たい舞台となるのか楽しみです。
              | 舞台・ミュージカル鑑賞 | 00:10 | comments(0) | - | - | - |
              ミュージカル「Mr.PINSTRIPE 2009」感想
              0
                表参道B2出口出て直進すればいつか着く青山劇場。
                前の人の頭がかぶるとか全然ないのが最高です。
                ロビーも座るところたくさんあって楽です。
                ただ座席の前後が狭いですね。
                中ほどの席の場合自分の席までスイマセンスイマセンって通るの大変。
                珍しくはないだろうけど一人で来てるスーツの男の方に挟まれて座りました。(どちらも違うタイプのやや池メン→いらない情報だね)
                舞台中笑顔で観てたなあ、お隣の方。
                それ感じたらなんか癒されちゃいました。
                で、感想です。

                ダンス!歌!生演奏!
                セリフとかはなかったです。
                2006年から始まって毎年上演されているらしい。

                1幕 19時〜19時50分
                休憩 20分(〜20時10分)
                2幕 20時10分〜21時10分

                後半の方がちょっとストーリー仕立てでした。

                Luke.Cのダンスを見に行ったんですが皆さん大迫力。
                うっかり魅入ってしまったのが中塚皓平さんのダンス。
                しなやかで身体のラインがきれいで最高でした。
                Lukeももちろん笑顔で素敵なダンスでした!!

                そして、

                2幕はなんとムーランルージュ(※)の曲が満載!
                (※私のベスト5に入る大好き映画
                 ユアンと二コールが主役)

                日本語歌詞に変えて実際に歌ってました。
                どんだけ興奮したことか!
                いろいろ迫力!
                すごい好きな曲、ロクサーヌでは原曲が流れ、
                ユユユユユアンの声――!!
                (生演奏と混ざってたかは確認できず)
                まさかユアンの歌声聴けるとは。笑
                そしてダークなダンス(タンゴ)の雰囲気がたまらない。
                映画の雰囲気とリンクしていたし、
                あれを生で観れたことの喜びにうちふるえながら、
                大集中して観て、聴きいっちゃいました。

                ムーランルージュからの曲はこれだけでこの流れかな。
                あと一曲あったんだよなあ。ロクサーヌの後。
                ・Sparkling Diamonds
                ・Because We Can
                ・Rhythm Of The Night
                ・El Tango De Roxanne

                今回の中塚さんとあとライフの岩崎さん、加藤りょーちんが出る
                「美しき背徳」ってD☆Dの舞台めっちゃ観たくなった。
                ダンスうまいの見るの気持ちいいなあ。。。。。

                つか!中塚さんもD☆Dなんだ!!!!
                前どっかの舞台で観たな。。。。
                はまるなよ自分。。。

                「Mr.PINSTRIPE 2009」オフィシャルサイト
                | 舞台・ミュージカル鑑賞 | 00:54 | comments(2) | - | - | - |
                「舞台版 心霊探偵八雲 魂のささやき」トークショー感想
                0
                  会場:新宿 紀伊国屋サザンシアター
                  JR新宿駅新南口から出ると雨にぬれず直結で高島屋入れて、
                  サザンシアターへの連絡通路抜ければ楽楽だったんですが、
                  今回間違えてサザンテラス口に出てしまった。
                  ボケすぎた。
                  外から左回りにまわってハンズに入って、
                  2階くらいあがって連絡通路へ。雨降ってなくてよかった。

                  この劇場前でも後ろでも頭がカブって見えづらいということがなくて好き。
                  (場所によってはあるのかもしれないけど)
                  比較的エアコン強くていつも冷える。
                  軽い上着持っていけばちょうどよいです。

                  本編感想省略(笑)

                  本編終了後はトークショー。(22,23のみみたいです)
                  トークは20分もあって盛りだくさんでした。

                  司会を角川書店の方。
                  中村誠治郎さん(八雲、佐野大樹さん(石井刑事)、城全能成さん(後藤刑事)、原作者神永学さん、演出家さん、登場。

                  中村さんルービックキューブを披露。
                  舞台中も披露してくれましたが、特技だそうです。
                  すかさず裏にキューブをとりに行く佐野さん。
                  中村さんがいうには佐野さんは弟子だそうです。
                  城全さんは孫弟子だそうで。笑
                  佐野さんも揃って、二人で競争することに。
                  中村さんのカシャカシャ手つきステキでしたね。
                  やべーできないかも、といいつつも中村さんしっかり出来上がり、
                  片手に持って掲げて完成をアピール。場内拍手。

                  佐野さんが必死にキューブやってる時に、
                  メガネ忘れてきたことをばらされる。
                  キューブを投げ出す佐野さん。笑
                  続きは中村さんに。
                  佐野さんメガネのこと言っちゃったの??って反応しつつも、
                  お客さんに気づいた人ー!って挙手を求めてましたが、
                  結構前方で手が挙がってました。
                  そのシーンを佐野さんと城全さんで再現してくれました。
                  俺気づかなかったと原作者さん。
                  客席一番後ろで見ていたから気づかなかったそうです。

                  キューブで負けたら物まねってことになってたので、
                  佐野さんが福山のまねをすることに。
                  皆さん目をつぶってください。と始まりましたが、似てない!笑
                  俺のが似てるって中村さんが勝ったけど便乗。
                  結構似てました(笑)
                  その流れで原作者さんも演出家さんも福山さんやってくれました。

                  中村さん自分は八雲とは真逆なのに、
                  この役に抜擢してくれて感謝って言葉がありました。
                  確かに。。。
                  どこでだったか中村さんの行動に、
                  他の方(男性)から、かーわいーって声漏れてました。笑

                  最後、司会の方に八雲の台詞でしめてくださいって言われた中村さん。
                  舞台にはいつくばって台詞まじりで来場感謝の意と終了の言葉を述べてくれました。
                  …なんでしょー、癒されました。

                  終演後、購入したパンフレットに原作者の方がサイン入れてくれました。
                  おおー貴重!(私は買わなかった、残念)
                  | 舞台・ミュージカル鑑賞 | 11:49 | comments(0) | - | - | - |
                  「ナナシ」感想
                  0
                    「ナナシ」

                    新宿駅の南口、もしくは新南口から歩いて10分かからない近くにスタバとか結構あるけど混んでて案外座るとこ見つからないとゆー全労災ホールです。(最後の関係ない)

                    開場してしばらくしてトイレに行こうとすると、
                    驚くほどの列!!!トイレは階段上がって2階なんですが1階まで並んでました。

                    座席はこの会場に限っては絶対センターブロックのど真ん中は避けたいんです。
                    (前の方がそんなに背が高くなくても被る絶妙な傾斜)
                    何とか避けられたー(^-^)ので視界の欠けたのはセンターではなく左目正面くらいでした。
                    いいんですセンター見れれば。大体メインはセンターにいますし。
                    (前回のルドビコアリスでセンター消えたのが相当つらかった)

                    清水順二さんとタイソン大屋さんの面白前説。
                    かなりあったまってから本編開始。

                    最初に配役チェックしておいたのにも関わらず、
                    始まってから大ちゃん(渡辺大輔氏)がわからなかったです。
                    (始まったとたん大ちゃんの役名忘れたのがいけない)

                    冒頭の殺陣シーンで斬られたうちの一人に大ちゃんぽい人がいて、
                    ばっさり斬られたので、あれ?もう出番終わり??って思いつつ待つ。

                    服部半蔵が出てきた時点で大ちゃん来たーって思ったんですよ。
                    やっぱり舞台が違うと印象がう違うなあ・・って思いつつ。
                    しばらくしたら弟分の鷹丸という役が出てくるじゃないですか。
                    ???またも大ちゃんらしき人なんです。
                    半蔵役の方は背があればねとかいじられてたんで、
                    では鷹丸が大ちゃん??って思いながら見てたら、
                    イケメンがいる的ないじられ方をされてる鷹丸に更に困惑。
                    (失礼なこと言ってないか私)

                    チラシチラ見してやっとわかりました。
                    半蔵 佐野瑞樹さん
                    鷹丸 渡辺大介さん
                    やっとすっきりして観れます。
                    しかし本当にテニス部部長の時と印象が違います。
                    前回出演した舞台、sakuraも見ておけば良かった。

                    30-DELUXのストーリーはいつも勧善懲悪ではなく、
                    大人の事情や立場としてすべきことと人としての心理や
                    理性とか愛情が絡み合って、人間的な部分がリアルに描かれてる感じ。
                    少しずつ積み重ねられてストーリーが進んでいくので、
                    そのシーンだけだとそこまで泣けるシーンや台詞じゃなくても、
                    不意に堤防決壊で涙が出る。涙涙

                    その人間関係、設定ならではの葛藤が重なり合って、
                    今回のもすごいいろいろな部分で感動させられました。

                    一番感情移入しちゃったのは白虎。
                    (T_T)

                    白虎の最後の言葉で重くのしかかったものを捨てることができるナナシ。
                    個人、組織をも越えた目線で観ることって難しいだろうな。
                    たとえ観れてもすぐに煩悩だとかなんかすぐににじりよってくるから、
                    クリアで居続けるなんてほんと難しい。。

                    徳川氏の気概にも惚れる(@_@)
                    そして半蔵にも。鷹丸にも。おとーちゃんにも。
                    信念貫くひとたちは本当にかっこいい。。。
                    時代ってすごい色々なものが積み重なってて、
                    それぞれにドラマがあるんだろうな。。とじわり。
                    今回の舞台ではその片鱗をじっくり味合わせてもらいました。

                    前の舞台では徳川よしのぶ(女性)によって背中押されたかたちで、
                    復讐心とか恨みが浄化されてました。
                    それを実際踏みとどめて乗り越えたのは武蔵たちだけど。
                    あれも良かった。
                    テーマって結構一貫してるのかな、
                    まだ3作しか観たことないんだけど。(あとファミリア)

                    楽しんでもらえるものを作りたい、
                    声に出して言ってる言葉はこれだけど、
                    根底のテーマはしっかり刻まれてると思う。
                    見終わった後なにかそぎ落ちた気分になれます。

                    ソラオの世界でふと語られた
                    小さな争いの因子がなんかでっかい戦車になって、
                    町を壊してくってそんなシーンを思い出しました。
                    シャトナーさんのブログ読んで感じた気持ちも思い出した。

                    舞台っていいなあ(T_T)

                    今回の感想ちょっと頭の中泳ぎすぎてわかりづらすぎるな、
                    読み返して編集していきます。

                    まとめると。
                    いやーナナシよかったんですよ!!(笑)
                    次の舞台はなんかキレイな双子が歌って踊るんじゃないですか?
                    きゃー

                    30-DELUX 公式サイト


                    | 舞台・ミュージカル鑑賞 | 01:22 | comments(0) | - | - | - |
                    舞台「音楽舞闘会「黒執事」-その執事友好-」(6/4)感想
                    0
                      黒執事
                      有楽町線東池袋駅、サンシャイン劇場。
                      1階からサンシャイン内に入るけどサンシャイン劇場に続く文化会館行きのエレベーターにスムースに乗るために地下1階へ。
                      めっちゃ並んでました。
                      2階でマルイのイベントやってたようです。

                      サンシャイン劇場の2階って高いですね。
                      階段3階分あがらないといけません。
                      たどりついた2階席、改装前よりは格段に座りやすいけど、
                      やっぱり列ごとの階段こわいです。高いです。
                      見下ろし鑑賞結構きらいじゃないので観やすかったす。

                      まずはアナウンス。田中さんより。
                      そしてアンダーライン警部が出てきて改めて諸注意。
                      カバーラインが正解だっけ?本気でわからなくなってきた。笑

                      出てきましたセバスチャン。
                      どんだけ歌うまい!!!!
                      聴きいっちゃいました。
                      もっと歌ってください。
                      アクションはスローモーションみたいだったけど、
                      しなやかな身のこなしに見入っちゃいましたよ。
                      台詞まわしもなめらかで最高の執事風味味わえました。

                      そしてシエル…完璧ですね…
                      まず衣装がかわいすぎて変わるたびにオペラグラスです。
                      片目だけなのに目の演技が伝わってくる。
                      セリフもしっとり重く入ってきます。
                      ・・うまいな。

                      葬儀屋さん。いちいち面白い。
                      最遊記のドクター?を彷彿させます。
                      きっと何をふられても返せそうな雰囲気。
                      物ボケ突っ込みも自分に甘いのも、猫背も好きです。

                      グレル。原作2巻の途中までしか読んでなくて、
                      グレルのこと知らなかったんですが面白いですね。
                      登場の時セバスチャンが嫌ーな顔してるのが面白い。
                      それを承知のグレルの表情もたまらなく面白い。
                      セバスチャンとの闘いの時はどっち注目すべきか悩んでグレル観てました。
                      あの曲のセバスチャンの歌い方がすごく好きです。
                      グレル2階に飴配りにきましたよ。
                      キリトもきました。一つしないんだ、ごめんな。
                      って感じの台詞を残して去っていきました。
                      +。:..:。+゜+。:..:。+゜!!!

                      完璧なセバスチャンが失敗する、
                      そしてそれをシエルが静かにらしくない、と突っ込む。
                      +。:..:。+゜+。:..:。+゜!!!

                      演出もとてもきれいでした。
                      上手が赤のユウキの部屋。下手が青いシエルの部屋。
                      横切るセバスチャン。
                      セバスチャンとキリトとの会話がとてもじんときました。

                      影絵みたいになってるのがいびつで面白くてそれでいて感動しましたね。
                      過去の話がすごい想像しやすい演出でした。

                      マフィアなみの因縁のつけ方ですね。とセバスチャン
                      お前に言われたくない。とシエル。
                      +。:..:。+゜+。:..:。+゜!!!

                      感想書ききれませんね。
                      どんどん面白かったって感情が甦ってきます。

                      パンフレット2500円でめっちゃ高かったけど買いました。
                      DVDも予約すべきでしたね。します。
                      2もやって欲しいです。

                      アフタートーク声優さんたちでした。
                      アニメ観ていないのであまりよくわからなかったので、
                      アニメもみます。
                      原作も途中でやめちゃった2巻から読もうと思います。
                      観れてよかった!

                      | 舞台・ミュージカル鑑賞 | 10:49 | comments(0) | - | - | - |