RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Bloom
Bloom (JUGEMレビュー »)
八神 蓮, ハービー山口
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

おえかき上達への道R1

おえかき、映画、はまり話題(よくかわる)色々です。最近は斎藤工、八神蓮、磯貝龍虎、スターウォーズ、ユアンマクレガー、コリンファレル、アレキサンダー大王などなど。
<< 「体感季節」11/25昼夜(千秋楽)感想 | main | MEN’SDVDシリーズ 兼崎健太郎、馬場徹 >>
「体感季節」総括感想
0


    「体感季節」総括感想

    結果的に、13回中12回通ってしまいましたが、
    各々が演技してるシーンも多いですし、飽きずに観れました。

    ストーリー的にもSFぽさもありつつ、好きな感じでした。
    一部非現実的な事象を置くことによって、
    人の複雑な内面を描くための代替描写のようにも捉えられたし、
    色々な解釈が楽しめました。
    堀江さんの持つ答え的なもの、可能性の解釈をぜひ聞きたいです。

    出演者も河合さんはうまいなって再認識したし
    (ブログでの苦悩を見て更に興味を持てた)、
    柳の演技は役の個性を浮き上がらせてたと思うし、
    八神は役への入り込みの深さがわかりやすく出てて、
    観てて思わず感情とシンクロしたくなりました。
    他の出演者の方々も一人一人個性が強く、魅力的でした。

    誰かがメインのセリフを言ってて、周りは聞いてる、って感じのシーンは少なく、
    どこがメインだよって思わせるぐらいに、
    それぞれがいろいろなことをして、
    ごちゃごちゃしてるシーンが多かったように思います。
    個人だったりある程度グループで固まってたりと様々でしたが。
    これによってリアル感が上がり、各々の個性が引き立ったのかなと。
    最初に観るときはどこ見たらいいか結構迷いましたけど。

    印象に残ったシーンは様々ですが、
    効果音や、シチュエーションや、色々合わせて、
    一番印象的で残ってるのは、「みお・・」ってヒトミがつぶやくシーン。
    あれスゴかったです。
    ある筈だった未来がもうない、って物理的に突きつけられたヒトミのショックが伝わってきて鳥肌でした。

    ごちゃごちゃ毎日感想書いてるのも楽しかったです。
    ---
    ◎11/17(土)-25(日) 「体感季節東京芸術劇場 小ホール(舞台CORNFLAKES 第 3 回公演)/公式/堀江監督(b)/CORNFLAKES(b)/*/豪起岡優美子加藤裕月/|/河合龍之介/柳浩太郎/椎名法子/八神蓮/清水ゆみ/黒田耕平/坂本真/平野勲人/崔哲浩/
    -17(土) 「体感季節」 18:00(→初日感想
    -18(日) 「体感季節」14:00 / 18:00(→感想
    -19(月) 「体感季節」 19:00(→感想
    -20(火) 「体感季節」 19:00(→感想
    -21(水) 「体感季節」14:00 / 19:00(→感想
    -22(木) 「体感季節」 19:00(→感想
    -23(金) 「体感季節」 19:00(→感想
    -24(土) 「体感季節」14:00 / 19:00(→感想
    -25(日) 「体感季節」13:00 / 18:00(→感想

    ---
    堀江さんの作品って今まであまり肌に合わないなーって思ってたのですが、
    今回の「体感季節」は好きでした。
    前回のジョン萬も今観たら違う感想になるかな。
    DVD観てみようかなと思う。
    ・・思うけど、観ないかもですが・・笑・・
    一方的な暴力描写って結構ダメで、
    斎藤工演じるピーチのキャラが好きになれませんでした。
    主人公のキャラクターも好きになれなかったし、
    やっぱりあれは肌に合わなかったんだと思う。
    でも「いつかの君へ」は結構好きだったし、
    「体感季節」はとても好きな作品となりました。
    今後も堀江さんの作品、ダメなものはダメ、
    好きなのはがっつり好きになれそうな気がします。
    面白いので今後も観続けていきたいと思いました。

    ---
    河合さんのブログでの楠人の解釈。
    次元の違うところで存在してる感じ、
    うん、そんな感じしましたね。
    実はみんなには見えてなかったのかなとか、
    ゆらにしか認識されてなかったんじゃないかとかも思いました。
    出演者の方がどんな解釈で演じてたっていうのを、
    こうやって終演後に知ることができるっていうのも面白い。
    堀江さんの作品って、こういう楽しみ方もあったんだなと思うと・・深い(笑)

    (11/27追記)終了後の堀江慶監督の記事
    次の作品も観に行きたいですね。

    (11/28追記)舞台セット、美術を担当した方のブログなどなど
    | 2.体感季節(2007/11) | 11:26 | comments(0) | - | - | - |